プロフィール

s246ra

Author:s246ra
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

『ガン』と生きる
ガンが見つかってから今日までの記録です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入退院
H22年7月半ばから、1週間位入院しては3週間位普通の生活と言う入退院の繰り返しとなった。
苦痛を伴う副作用はほとんどないが、抗がん剤を打つと白血球が激減し、
1500台や1200台まで落ちると感染防止のため外出禁止、生もの禁止となる。
見た目のダメージはそれ程ないのだが、1日中家にいて悶々と過ごす日々が続いた。

だがその年の暮れになっても一向に咳や血痰が良くならず、病巣も気管支の1か所だった事から
抗がん剤では良くならないとの判断で、放射線を当てる事になった。
放射線。
痛くも痒くもない楽な治療であるが、目に見えない体へのダメージが恐ろしい治療である。
H23年の2月から計18回の通院による放射線治療を受けた。
体にマジックで印を書かれ、体の正面、背中、斜め45度の3方向から照射される。
照射時間は15秒程度で、あっと言う間に終わる。
この治療の効果は劇的で、たちまち咳と血痰が治まり、見る見る体調が良くなって行き、
そして3月の気管内視鏡検査では、病巣がきれいに消えたと告げられた。

蛇足ながらこの検査の日が3月11日の東北大地震の日で、検査が終わってストレッチャーの上で
半分麻酔がかかってぼ~となっている時、ガタガタと激しい揺れに襲われたのを覚えている。

こうしてしばらくの間は平穏な日々が続き、3月末には長い間務めた会社の雇用延長も終わり、
しばらくの間は雇用保険と年金生活に入った。
暇な時間を潰す為、市がやっている教養講座にも出席し、4月からは新しい生活が始まった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://s246ra.blog68.fc2.com/tb.php/19-99d86a62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。