プロフィール

s246ra

Author:s246ra
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

『ガン』と生きる
ガンが見つかってから今日までの記録です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ
いったい日本中でどれくらいの人がブログを書いているのだろうか?
FC2だけでも2007年で会員数が200万人だそうだから、何千万人??
しかしよく考えて見ると、昨今、個人情報保護がやかましく言われている中で、ブログは自らが自分の情報を世間に知らしめている。3.gif


個人が特定されないとは言え、なぜ自分の事をわざわざ世間に公表するのだろうか?
それは自分と言う人間が存在する事を、皆に知って貰いたいからではなかろうか?
一生懸命に働き、偉くなって世の中に認められた人もいる。
あまり努力もせず出世もしないで、ただ平凡に過ごした人もいる。
どちらの人が幸せな人生を過ごしたか?
それは他人が決めることではない。自分自身が決めることだ。
どんなにハンディを持った人であろうと、どんなに不幸せな人であろうと、自分と言う人間が今、生きている事を知って貰いたいのだ。
だからブログで自分の事を書いているのではないだろうか?

先日、新聞にこんな記事があった。
『ブログの作者が死んだら、ブログはどうなるのか?』と言うのだ。
作者がいなくなってブログが何年も更新されなくなったら? - 運営会社が削除する?
いやいや、誰かのアクセスがある限りは、ず~と残っている?
しかし誰もアクセスしないブログが、何年も放置されていたら?
ブログは個人の主張である。
昨今、亡くなった故人を偲び、友人たちがブログの書き込みを長く続けようと言うような事があるらしい。
なるほど、そう言う使い方もある。

cmaru01_01.gifしかし今の世の中、何が起こるか分からない。
GMやクライスラーと言ったとてつもない大企業が破綻する時代だ。
突然、ブログの運営会社がなくなることも・・・


スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。