プロフィール

s246ra

Author:s246ra
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

『ガン』と生きる
ガンが見つかってから今日までの記録です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さな喜びと悲しみ
H21年8月13日。
喉頭摘出手術を受けて満2年になった。
早いようでもあり、まだ2年かと言う思いもある。

がんは5年過ぎると一安心と言われるが、その意味からはまだ半分にも達していない。
でもおかげ様で、もう1年以上入院生活は送っていないし、毎日元気に通勤できている。
だが実際のところは、嚥下障害(ゴクッと飲み込めない)がひどくなって来ている様に思うし、朝も直ぐに起きられなくなって来ているし、通勤も随分疲れるようになって来た様に思う。
一番の心配はリンパ節への転移である。
首の後ろが痛むし、日によっては気管孔を中心にパンパンになっている事がある。
日替わりで状態が変わるのだが、心配性の自分としては気になって仕方がない。
バッファリンを飲んだり、バンテリンを首に塗ったりして紛らしているが・・・


この夏、『夏休み』と言う名目で4年ぶりに有給休暇を取った。
平成17年以来である。
入院と手術、そして有給がなくなって欠勤で休んではいるが、『夏休み』と理由を書いたのは久々で、ちょっと嬉しかった。
夏休みに田舎に帰り、わずか49歳で胃がんで亡くなった母の墓参りに行った。
私がまだ高校1年生だった。
そんな母親の年をはるかに越えたが、もう少し長生きさせてとお願いした。
clothes_a11.gif

手術以来、すっかり痩せてしまって元に戻らない。
ジーパンも合わなくなって腹回りがぶかぶかになったので、女房に新しく買ってもらった。
『私が使ってたこのスリムタイプのジーンズも穿けるのでは?』と女房が言うので、穿いたらピッタリ。
女房のサイズが穿ける自分が、ちょっと悲しい。

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。